津久井城

津久井城は神奈川県相模原市緑区にかつてあった日本のお城です。

津久井城の歴史と詳細情報

歴史

城山は山頂にかつて山城として津久井城は存在していました。鎌倉時代に筑井氏によって築城されたとされ、本格的に城として使われ始めたのが戦国時代の後北条氏の時代。小田原北条氏に仕えた、内藤氏が城主を務めました。天性18年(1590年)に豊臣秀吉による小田原攻めにあって落城しました。江戸時代初期には麓に陣屋が置かれたとされています。甲斐と小田原を結ぶ要所であった為、武田氏と後北条氏が鎬を削ったとされる。

詳細情報

築城年月日鎌倉時代
廃城年月日天正18年(1590年)
旧国名相模国
城地種別山城
遺構土塁、堀切、、郭、土橋、虎口、石垣、石列
築城者筑井氏
主な城主筑井氏、後北条氏、相模内藤氏
別名
文化遺産等登録情報なし

津久井城の見どころ

津久井城の見どころは、麓からかパークセンターからで山に入り自然豊かな植物や昆虫などを途中で見ることが出来ます。女坂と男坂があり少し登山になってるので靴などは軽装備で行くと少し疲れるかもしれません。山頂からの眺めや山頂付近の本城曲輪・飯縄曲輪・太鼓曲輪や堀切など当時の遺構を見ることが出来、当時の事を想像することにが出来ます。

御城印

※クリックで拡大が出来ます。

津久井城への交通アクセス

ジャンルお城
エリア関東地方/神奈川県
住所 〒252-0153 神奈川県相模原市緑区根小屋
電話番号
HP
施設等
※最新情報は施設公式HPを確認ください。
城山パークセンタ―の駐車場・もしくは津久井湖観光センター側に駐車場有
売店有
備考

 

 

周辺の歴史スポット

 

津久井城を訪れての感想

まだ気温が厚い晴天の9月に登城しました。山頂に遺構がかなり残っていて山頂からの眺めも絶景です。ただ見た目によらず意外と険しい山登りなのでサンダルなど出来たら相当しんどいです(笑)最低でもスニーカーで登らないときついです。又津久井湖も目の前なの晴れている日や紅葉の季節だと津久井湖とバックの山々の景色が壮大です。

津久井城の写真ギャラリー

※クリックで拡大が出来ます。

津久井城山と晴天の青空
良かったらフォロー宜しくお願い致します。

神奈川県のお城の最新記事8件