小田原城【日本100名城 No23】

小田原城は神奈川県小田原市にある日本100名城23番目の復興天守のお城です。相模国の中心のお城で小田原北条氏(後北条氏)のお城でも有名で現在は小田原城址公園として整備され小田原市内中心街のシンボル的観光地となっております。そんな小田原城の登城レビューとお小田原城の歴史などについてみていきたいと思います。

小田原城の歴史と詳細情報

歴史

小田原城の松と天守閣
松と天守閣

小田原城は北条氏で有名ですが、元々は15世紀中ごろ、室町時代に西相模一帯を支配していたと言われる、大森氏が八幡山の高台に築城されたとされます。その後、城の存在が明確になるのは明応5年(1496年)以降に伊勢宗瑞(北条早雲)が入城してからです。それから北条約5代、およそ100年にわたって関東での勢力を拡大していきました。しかし、付近に一夜伝説のある石垣山一夜城築城などの豊臣秀吉による小田原攻めにより天正18年(1590年)に小田原北条氏は滅亡いたしました。小田原北条氏の滅亡後、徳川家康に従って小田原攻めに参戦した大久保氏が城主となり、城は近世城郭の姿に改修されました。

 

詳細情報

城名小田原城(おだわらじょう)
日本100名城/続日本100名城日本100名城 23番
天守構造復興天守
築城年月日 1417年(慶応24年)
廃城年月日1871年(明治4年)
城地種別平山城
国名相模国
築城者大森頼春
主な城主後北条氏、阿部氏、稲葉氏
大久保氏
残っている遺構石垣、土塁、水堀、空堀、大堀切、土塁、郭、障子堀跡
別名武州八王寺城
文化遺産等登録情報国の史跡

小田原城をGoogleストリートビューで見てみる

小田原城の御城印とスタンプ情報設置

100名城スタンプ情報

番号日本100名城「23番」
スタンプの設置場所天守閣1F
スタンプを押せる可能時間9:00~17:00(入館16:30)

御城印情報

御城印の有無あり
御城印の販売場所小田原城天守閣入場券販売所
料金300円

 

日本100名城マップ

 

 

小田原城の見どころ

北条氏の本拠点であった巨大な難攻不落の要塞、小田原城。相模国(現神奈川県)の西側にあり南は相模湾、西は箱根連山、その山を隔てて駿河国(静岡県)と接している。

小田原城の天守閣
本丸

小田原城の基本情報

ジャンルお城
エリア神奈川県/小田原市
住所〒250-0014 神奈川県小田原市城内
電話番号
公式HP
施設等
※最新情報は施設公式HPを確認ください。
備考

小田原城への交通アクセス

周辺の歴史スポット

 

小田原城を訪れての感想

小田原城は小さいときから結構訪れていまして、今回で10回目くらいでしたが、何度来ても細部まですごく楽しめる神奈川(相模国)を代表するいいお寺です。当然ながら小田原城址公園の整備は完璧で、様々な設備が整っています。本丸には猿なども展示してあり、二の丸には忍者体験?的な設備もできていました。都心からも静岡方面からもアクセスが良好ですので、家族や恋人、夫婦等で訪れても十分楽しめると思いました。小田原城に行った後は、3キロほど離れた石垣山一夜城に行ってセットで楽しむと歴史をすごく感じられます。

小田原城の写真ギャラリー

※クリックで拡大できます

 

 

 

小田原城の天守閣
良かったらフォロー宜しくお願い致します。

神奈川県のお城の最新記事8件