1. HOME
  2. 日本のお城・神社・寺院
  3. 広島県のお城
  4. 【広島城】広島の中心地に堂々とたたずむ復興天守のお城。

【広島城】広島の中心地に堂々とたたずむ復興天守のお城。

復興天守広島城

広島城は広島県広島市の中国放送の前にあるお城です。天守をはじめ1945年まで現存していましたが、第2次世界大戦の広島原爆投下により焼失しました。現在の姿は1958年以降に再建されたものです。

広島城の歴史

歴史

16年(1588)、輝元てるもとは初めて上洛し、秀吉に謁見えっけんしました。その時に大坂城・聚楽第じゅらくだいを訪れ、その豪壮さや町の繁栄を目の当たりにした輝元てるもとは、郡山城こおりやまじょうがすでに時代遅れであることを悟り、新しい城づくりを決意したと言われています。そして中国地方一帯を治めることができる城と城下町建設のために城地じょうちとして選んだのが祖父元就もとなりが重視していた広島湾頭だったのです。翌17年(1589)、太田川デルタ周辺の山々から城地を見立て、築城を開始しました。当時、「五箇ごか」と呼ばれていたこの地が「広島」と名付けられたのはこの時であったとも言われています。
城地じょうちとして選ばれたのがデルタであったため、地盤が軟弱で難工事となりましたが、工事は急ピッチで進められ、2年後の同19年(1591) には輝元てるもとは入城を果たしています。しかしこの時は本丸ほんまるなどの主要な部分が出来ていただけで、石垣や堀は未完成だったようで、その後も工事は進められました。天正てんしょう20年(1592)に秀吉が広島に立ち寄り城を見た時も未完だったようで、文禄ぶんろく2年(1593) に石垣が完成、慶長けいちょう4年(1599) に落成らくせいしたとする記録が残されています。しかし、翌5年(1600) 、関ヶ原の合戦において敗れた西軍の総大将であった輝元てるもとは、徳川家康によって「周防・長門すおう・ながと」(山口県)へ転封てんぽうになりました。

(公益財団法人広島市文化財団 広島城HP)より

広島城のあれこれ

築城年月日 1589年(天正17年)
廃城年月日 1874年(明治7年)
城郭構造 輪郭式平城
築城者 毛利輝元
主な城主 毛利氏、福島氏、浅野氏
別名 鯉城、在間城、当麻城
文化遺産等登録情報 国の史跡

※参考:Wikipedia

広島城の外観2

広島城の見どころ

お堀の周りを船で回る遊覧船があったり、中に入ると廣島護國神社もありそこで参拝やおみくじ等も引けます。
鳥居の手前には小さい茶屋的なお土産屋さんがあり、そこで飲んだコーヒーが妙にうまく感じた広島城の店主は5階建てです。5階っていうと以外に低く感じますが、遠くには厳島もはっきり見えて天守閣に行くと相当眺めがいいです。今みたいに高い建物もなかった当時はどんな光景が広がってたのかと想像すると浪漫を感じます。

広島城の小天守跡付近の石垣

広島城の石垣

広島城の基本情報

ジャンル お城
エリア 広島県/広島市
住所 広島県広島市中区基町21−1
電話番号
公式HP
施設等
※最新情報は施設公式HPを確認ください。
備考

広島城への交通アクセス

広島城の写真ギャラリー