甲府城 【日本100名城 No25】

甲府城は現在の山梨県甲府市に存在した日本のお城です。

甲府城の歴史

武田氏の時代に一条小山城があったと云われているが、城年代は定かではない。現在の甲府城が築かれたのは武田氏が滅亡した後です。武田氏が滅亡したあとに、織田信長の武将川尻秀隆が入部しましたが本能寺の変が起こると蜂起した甲斐国人一揆によって討たれてしいます。
空白となった武田氏の旧領を巡り徳川氏と北条氏が争ったこれを【天正壬午の乱】という。天正壬午の乱は徳川家康の優勢で決着し、甲斐には家康の家臣平岩親吉が入る。天正18年(1590年)徳川家康は関東へ移封され、甲斐には羽柴小吉秀勝が入ったが、翌19年には美濃国岐阜へ転封となり、代わって加藤光泰が入部する。この加藤光泰の時代に甲府城の築城が始まったと考えられている。

城郭データ

城名甲府城(こうふじょう)
日本100名城/続日本100名城日本100名城 25番
天守現状/形態天守台のみ
築城年月日1583年(天正11年)?
廃城年月日1873年(明治6年)
城地種別平山城
国名甲斐国
築城者徳川家康?
主な城主浅野氏,徳川氏,柳沢氏
残っている遺構石垣,堀
別名舞鶴城
文化遺産等登録情報国の史跡

甲府城をGoogleストリートビューで見ている

甲府城の御城印とスタンプ情報設置

100名城スタンプ情報

番号日本100名城「25番」
スタンプの設置場所舞鶴城公園管理事務所
②甲府城稲荷櫓
スタンプを押せる時間①(8時30分~17時00分)
②(9時00分~16時30分)※休館日は除く(休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始)
スタンプ
甲府城の100名城スタンプ
100名城スタンプ

御城印情報

御城印の有無あり
御城印の販売場所甲府市観光案内所(JR甲府駅南口広場)
販売時間平 日 9時00分~18時00分
土休日 9時00分~17時00分(4月~11月)
    9時00分~18時00分(12月~3月)
料金一枚300円
御城印フォト
甲府城の御城印
御城印

 

日本100名城マップ

 

攻城レビュー

甲府城は山梨県庁の目の前にある舞鶴城公園内にあります。甲府駅からも近く電車でのアクセスも良好です。復興された櫓や天守台等まわるポイントが沢山あります。

甲府城への交通アクセス

ジャンルお城/城址
エリア甲信越/山梨県
住所〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1丁目5−4
電話番号055-227-6179
HP
駐車場普通車の駐車場無し
備考

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)

周辺の歴史スポット

 

甲府城の写真ギャラリー

 

甲府城の鉄門
良かったらフォロー宜しくお願い致します。

静岡県のお寺の最新記事8件